【予算別】舞台におすすめ双眼鏡の選び方、倍率の見方や口コミを徹底リサーチ

気になったこと
スポンサーリンク

※本ページはプロモーションが含まれています。

好きなアーティストの舞台やミュージカルを観劇する時、双眼鏡を使って推しをもっと見たい!って思います。

ですが、双眼鏡ってたくさん種類があり、値段も安いものから高いものまで様々。

試しに安いのを買って、全然見えなくて失敗したり、

かといって、初めから高い双眼鏡に手を出す勇気はなく、

結局、どれを選べばいいの??と悩んでいる方、私も含め、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は舞台やミュージカル観劇におすすめの双眼鏡をリサーチし、記事にまとめました♪

この記事で解決することは、

◆観劇用双眼鏡選びのポイント

◆予算別おすすめ双眼鏡  です。

スポンサーリンク

舞台、ミュージカル観劇用双眼鏡の選び方

舞台やミュージカルにおすすめな双眼鏡を選ぶときに重要視するポイントは、

◎倍率

◎明るさ

◎重さ  です。

倍率

観劇用双眼鏡おすすめ倍率は、8倍 です。

まずはじめに、必ず双眼鏡に記載がある『倍率』と『レンズ』の大きさ。

『倍率』が高いほど近くに見えて、『レンズ』は大きいほど光を集めるので明るく見え、像がくっきり見やすくなります。

よく、舞台やミュージカルが上演される『帝国劇場』の各座席の双眼鏡おすすめ倍率は、

◆S席(1階A~R列):~6倍

◆S席(2階A~E列):8倍
◆A席(1階S~X列):8倍
◆A席(2階F~H列):8倍

◆B席(2階I~L列):10倍以上

参考サイト:Livewalker

明るさ

観劇用双眼鏡おすすめの明るさは、9~25 です。

倍率の次に、重要視するポイントは『明るさ』です。

『明るさ』の数値が高いものほど、『明るく、きれいに』見えます。

また明るさは、

レンズの口径² ÷ 倍率² で計算されます。

つまり、倍率が同じであればレンズの有効径が大きい方が明るく見えるということになります。

舞台やミュージカルが上演される劇場は暗いので、なるべく有効径が大きいものを選びましょう。

双眼鏡の明るさは数値で示されていて、見え方の目安はこのようになっています。

明るさ 見え方
49~25 かなり明るい。天体観測にも使用できる。
9~25 明るい。薄暗い中でも使用できる。
4~9 やや暗め。日中は十分見えるが、暗いところでは見えづらい。
4未満 暗め。晴天以外では見えづらい。

上記より、観劇用の双眼鏡明るさの目安は『9~25』がおすすめです。

また、明るくクリアに見える双眼鏡を選ぶなら、『レンズコート』も重要です。


参考サイト:Amazon

よりキレイに見たいなら、全てのレンズにコーティングしてある『フルマルチコート』の双眼鏡を選びましょう!!

重さ

観劇用双眼鏡は、300g以下の軽量タイプがおすすめです。

長時間使用すること、会場へ持ち歩くことを考え、双眼鏡の重さや大きさは重要なポイントです。

双眼鏡は100g程度のものから、1kgを超えるものまで様々。

観劇に手持ちで推しを覗くためには、なるべく軽いものを選びましょう!

予算別おすすめ双眼鏡

観劇用おすすめ双眼鏡

◆倍率:8倍
◆明るさ:9~25
※『フルマルチコート』はよりキレイに見える
◆重さ:300g程度

1万円以下

【ペンタックス】8 × 25
¥7,864~¥8,392

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 9.6
フルマルチコート あり
重さ 300g
防水 なし

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

双眼鏡としての機能レベルは高く、コンサートなど暗めの室内でも、遠くのものがはっきり見える。もう少し軽いと手軽に持ち歩けると感じる。

舞台用に初めて双眼鏡を購入しました。
折りたためる小型タイプと悩みましたが、こちらの方が視野の調整がしやすく見えやすいので購入。
大きめでゴツいですが、使い勝手が良く初めての双眼鏡にちょうど良かったです。
ご時世的にマスクをしての観劇になるので、長時間覗いていると曇ってしまいますが、少し休憩すればクリアになり問題ありません。
TDC、青年館、銀河劇場、ステラホール、立川で使用しましたが明るさなど問題なく使えます。
お席によっては少々お顔などが小さく見えるかもしれませんが、~15列目くらいまででしたら詳細な表情がわかります。
首かけ紐の調整がしにくいこと、付属のポーチがピッタリサイズすぎて入れにくいこと、覗き穴のカバーが独立しているのでどこかへ無くしそうなことなど些細な問題はありますが満足です。

15,000円以内(Nicon)

【Nicon】スポーツスターEX
8 × 25
¥10,637

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 9.6
マルチコート あり
重さ 300g
防水 あり

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

東京ドームの公演に向けて購入しました!とてもよく見えるし画質?もいいです!

コンサート、観劇での使用目的。普段は他社の防振双眼鏡を使っていますが、前列や小規模ホールなど「なくてもいいけど、ちょっと使いたい」時用のサブ機として購入しました。
一万円台前半の価格帯としては、驚異的な明るさと視野の広さです。同社の「入門機(本機より少し安い)」アキュロンなどと比べても明らかです。他社でもこの値段でこの明るさと視野のものは、なかなか無いと思います。
観劇用オペラグラスと比べると少し重たいですが、300gなら小型の範囲と思います。慣れれば片手でも安定して構えられます。

ずっと双眼鏡で見ていたい人には、すこし物足りない性能だと思いますが、1万円ほどで手軽に使いたい方にはぜったいお勧めできる双眼鏡です。

15,000円以内(ビクセン)

アウトドア用品人気メーカー『コールマン』とビクセンのコラボ商品。

防水ありなので、野外ライブの急な雨にも対応!

カラー展開は『グリーン』『ターコイズブルー』『レッド』。

【ビクセン】コールマンコラボ
8 × 25
¥10,194~¥10,983

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 9.6
マルチコート あり
重さ 295g
防水 あり
カラー展開 グリーン/ターコイズブルー/レッド

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

メガネをかけている場合の目安であるアイレリーフ15mmをクリアしていて一万円程度、重さもギリギリ300gという優秀さ。近くの家電販売店で実際に覗いてみたところ除いた時の円が一番大きくて見やすかったので購入を即決しました。
確かに重さがあるので観劇時ずっと除いているのは疲れそうですが比較的軽めなので気にはなりません
眼鏡併用でも、ストレスフリーです。観劇用に購入しました。結構後ろの席で双眼鏡必須だな〜と思ったので。俳優さんの表情がくっきりはっきり確認できたので満足です!双眼鏡越しですが目と目が合いました笑!全体を観るにはやはり双眼鏡無しです。当たり前ですが笑 重さは、ずっと双眼鏡をのぞいているわけでないので気になりませんでした。首からさげていられるので、サッと観てサッと下ろせるしストレスフリーです
まつ毛パーマしてますが、レンズにまつ毛が掛かってしまい、見えにくいと思う時があります。眼鏡つけながら見たほうが見やすいかなと思いました。
日本青年館ホールのK列で利用した際は、演者の方の全体像が見える感じでした。細かいところや顔のアップなら10倍なのかなぁと何となく思いました。

15,000円以内(オリンパス)

折りたためてコンパクト、さらに260gと軽量。

カラー展開は『グリーン』と『パープル』↓

【オリンパス】8 × 25 WPⅡ
¥10,445~¥11,979

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 9.6
マルチコート あり
重さ 260g
防水 あり
カラー展開 グリーン/パープル

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

他社にはないカラーリングも良かったです。
価格から想像するに、質感はどうかなと思っていたのですが、予想外にラバーボディーの質感が良く、かつ見え具合もスッキリと見え、色具合や収差の出方にも不満ないレベルです。
似たような形の他社製の三万円台の双眼鏡を持っていますが、あまり見え具合に極端な差はないように思います。
子どものプレゼントにと思って買いましたが、私がメインで使いたいくらいです(笑)。

ライブ用に購入
さいたまアリーナのレベル200後方、武道館の2階最後方列で使用したけど、十分な機能でした。

他の方も書かれてますが、レンズキャップはうっかりすると失くしそう

機能を考えれば十分コンパクト・軽量だとは思いますが、いい意味でしっかりしているので、大きい、重いと感じる人もいるかも

同じくライブ用に検討されてる方は、必要なスペック(倍率など)をまとめてるサイトが沢山あるので、色々調べてから購入するほうが間違いないと思います

スペック下げて、より安く

明るさのスペックは低くなりますが、より安価な双眼鏡を紹介します↓↓

明るさ『7』、疲れにくいラバーコートと少し暗くなりますが、重さが『170g』と軽く持ち運びに便利です。

【ペンタックス】8 × 21
¥5,080~¥5,980

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 7.0
フルマルチコート なし
※疲れにくいラバーコート
重さ 170g

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

防水でないことが若干気にはなりますが、この価格でこのクリアかつシャープな見え、そして軽量であることは、素晴らしいです。ライブでも便利等、家族の評判も高いです。

コンサートに持って行きましたが歌手の姿がよく見えました。これ以上倍率になると手ぶれで見にくくなるので充分です。




明るさは『6.7』と少し暗くなりますがフルマルチコートなのでくっきり見え、重さが『210g』と軽いのが特徴です。

【ペンタックス】8 × 21
¥7,491~¥8,400

Amazon

楽天

yahoo

倍率 8倍
明るさ 6.7
フルマルチコート あり
重さ 210g
防水 なし
カラー展開 ネイビー、ピンク、ブラック

Amazonで購入した方の商品のレビューはこのようになっています。

ライブ用に買いました。ほかのを使ってだけど、ピントが今一つだったのでこれを買いました。大阪城ホールの後ろの方でも、顔までしっかり見えました。操作も楽。メガネでも良く見えました。

ドームの後ろのほうの席でしたがばっちり見えました。ただ手ブレもあるので疲れるかな。

観劇用に購入しました。役者さんの顔がクリアに見えて良かったです。後方の席でしたが、おかげで幸せでした

記事のまとめ

今回は『【予算別】舞台におすすめ双眼鏡の選び方、倍率の見方や口コミを徹底リサーチ』と題して記事をまとめました。

観劇用おすすめ双眼鏡

◆倍率:8倍
◆明るさ:9~25
※『フルマルチコート』はよりキレイに見える
◆重さ:300g程度

とりあえずで買った双眼鏡が、全然見えなくて失敗した経験から、双眼鏡の選び方のポイントをわかりやすくまとめたので、双眼鏡選びで悩んでいる方々に読んでもらえるとうれしいです。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました